いろはにぽてとちりぬるを

お星様ください

似合わない街にいこう

 

ごみのような扱いされてもゴミ箱から脱出できる日も来るんだよな。

 

待ち遠しいって思う気持ちは、どうしてこんなに生活を華やかにしてくれるんだろう。

セロリ

 

 

結構割と本気でまじで無理なんですごめんなさい。その頃の自分のことがめちゃくちゃ嫌いだし思い出したくもないので、二度と会いたくないです。

 

真っ赤な服が好きです。

赤はさようならの色です。

 

 

広告を非表示にする

派手なグッバイ 蹴散らしたいストーリー


機種変したら、OSが変わったせいかうまく色々移行できなくて手間取ってる。これも前のケータイから書いてる。新しいケータイは何だかんだ楽しい。ドキュメンタルもめっちゃ高画質で見れる。ジミーちゃんの顔のシワとかめっちゃわかる。
慣れないー!とか思ってたけど割とすぐに慣れた。環境適応能力高いって同僚の人に褒められた。


自分のお金で好きな事できるし、大好きな人に会いに行けるからほんと大人って最高だと思う!
あとは働かなくても毎月自動的に100万振り込まれるシステムが編み出され、私に適用されたらもっと生きるの最高になるな。


季節の変わり目にいちいち心乱されてるのクソくらえだし、季節なんて使い捨てて生きていこうよ。でも気圧だけは本当に無理。


人の顔色とか伺わずに正義を貫いて、それでも大丈夫な人と生きるのって、こんなにも楽なのかって気持ちで、今とても穏やかである。ストロー噛んでバスストップから睨んだ 世界だって君にあげるミッドナイト清純異性交友。

深夜2時、おなかすいてる

 

ふと、あ、なんかこの瞬間って今しかないものかもなって、無駄にしちゃいけないなって、思ったんだよな。あと、心に焼き付けておきたいものをなるべく目撃したかったのかもしれないな。

 

そんな感じ、5年後自分がどこで何してるかなんて今は全く想像できないけど、歯をくいしばってこっそり泣いたこととか、無意味じゃなかったんだなあって思えたらいいな。可哀想がられるのが嫌いで、かわいこぶってる人やものが好きです。

 

頭に血が上ったときは、ゆっくり話す人の声を聞くことが特効薬だと思いました。

 

 

いつまでたっても偽物


必要なくなっただけで要らなくなったわけではないよ。ばいばい。


倫理観が違うってもうそれだけでアウトだと思うから、その人の許せると許せないの間隔を推し量っている。


最近仕事のしすぎで、ビールが美味しくてウケる。世界に冷蔵庫が存在して良かったな。