いろはにぽてとちりぬるを

お星様ください

絶望だって許さないよ

 

 

アカシック「愛×Happy×クレイジー」 - YouTube

 

すごいなー

アカシックは本当に。好きだな。

私が伝えられなかった、ありがとうとさようならと大好きと大嫌いを、なんか全部包み込んでその先にいるような、そんな気がする。

 

おしゃれな音楽は、普段移動する時とか生活を装飾するようなイヤホン垂れ流しのBGMなんだけど、あー今日はもうダメダメだったなぁて思った退勤後の帰り道にイヤホンにしがみつくように聴くのがアカシックとか大森靖子の音楽だったりする。

 

冬のセールもコートを買ったことで物欲が消滅してしまったので、春服調べてる。今年の春はリュックを背負わない格好に慣れることと、ヒールのある靴で真っ直ぐ歩けるようになることを念頭に置いてがんばる。

自分が思ってるより自分がリボンを大好きなことに気づいてしまってびびるけど、好きを身に着けていると本当に幸せな気分になる…。

 

今年最初の記事だ。

今年もお互い明るく楽しく朗らかに生きようね。聡明でいられたらいいよね。

どうぞよろしくお願いします。

ふたりは平行線


日高屋の定食についてくるスープが、ラーメンスープの延長みたいなものじゃなくて、ちゃんとしたわかめスープになっていた。
中華料理はお酒もごはんも進むから魔法みたいだね。


この前、誕生日だった。いくつになってもホールのショートケーキに自分の名前が書かれた板チョコがささってるのは主役の気分になれるのですごく嬉しい。私はショートケーキが一番好きで、二番目はフルーツタルトです。最近お菓子もいちご味が好き。


新しい職場でもやもやすること沢山あるから、自分でひとつひとつ答えを見つけて解決してく感じ難しい。


私は悔しいとか悲しいとか、そういのにきちんと向き合って来なかったから、なんて刹那的だったんだろうなって思う。


ドコモポイントのひよこ可愛い。ポスター見かけるとひゃーってなる。にやける。


今年の手帳を買った。自分用のはもう買ったんだけど、今年は仕事用にもう1冊。本屋さんで能率PAGEMのウィクリー手帳の13番。ピンク色かわいい。


マジョリカマジョルカの冬限定がちょう可愛いのに赤い口紅だけ、どこにも売ってないー。再入荷しないのかなぁ。赤い口紅赤いニット赤いエナメルのヒールの靴。目が覚めるような赤色が好きだ。辛い食べ物の赤は苦手。


最近胃が大きくなってしまった気がするので徐々に食べる量調節して縮めないと太り続けていく気がするこわい。

 

社会人、週休2日で恋愛しようとするのしんどい。運命の人がわかるように、ビビビとくる機能が遺伝子に組み込まれていて欲しい。なんてね。



大森靖子 「PINK」 - YouTube

広告を非表示にする

バイバイ重力 羽根なんていらない

最近予定詰めてライブばかり行ってる気がする。タイミングだよね。芸術の秋!
美味しいもの要素が足りない気がするので、それはまた冬に持ち越そう…。忘年会と新年会かもん。でも生魚こわい〜。



ライブ観てる時、演者に好意むき出しで見てるの、あー恥ずかしいなーて思いながらも、瞬きの瞬間すら惜しいって思う。涙腺決壊するけど、どんどん心を掻き乱して欲しいなぁて思う。



次の休み、おめかししてライブに行くので何着よーってすっっごく悩んでいる。髪の毛とか普段何にもしないからなぁ。
ご飯食べて、高いお酒飲んでライブ見る場所なんて初めてだから超テンパるー。
六本木なので、早めに行って愛しの香妃園の鳥煮込みそば食べよう。近くで何か面白い展覧会やってないかなぁ。鳥煮込みそばの優しさに包まれよう。楽しみ。



土曜日に観たせいこちゃんは、漂うブラックホールの中を切り裂いて手を伸ばしてくれるような、勇気と強さと優しさに満ちていて、ああ私は凄い人の音楽を好きになったんだなぁって思ったし、あの時靖子ちゃんの音楽を見つけて好きになれた自分のこと超ほめてあげたいって思った。今もこの先もずっと大好きだ。



最近は、はくばくじゃない麦茶も飲んでるていう近況でした。
今日この後も健やかに働こう〜。君も可愛く生きててね。



www.youtube.com

君がつくった美しい君に会いたいの


電車がホームに入ってくる瞬間、あちら側とこちら側を一歩で移動できてしまう怖さに時々ヒヤッとする。その見えない線を乗り越えることなんて絶対にないのだけれど。



その人が私がいる世界から突然居なくなっても、貰った言葉や書かれた文章やそのやり取りが私の世界に残っていて、その散らばりを吸収して思いっきり噛み砕いて飲み込んだら、頭と心の再生装置が稼働して、私の中でずっと生きていてくれているような、そんな気がするのです。



休憩中めそめそしていても、時間になったらちゃんとしゃきっと、接客して、事務作業して、人に色々教えて、慌ただしくして、忙しいことにしておかないと、ふと手の空いた瞬間に色んなことを思い返して悲しくなってしまう。



トークイベントに何回か足を運んで拝見しただけだけど、背筋がすらりと伸びた、凛とした、本当に綺麗な女の人でした。
誰も否定しない傷付けない言葉で、きちんとずばっと明言してくれる、自分が欲しい言葉、足りないところを補ってくれる人でした。時には、そこはちゃんとしなきゃ駄目だよって叱ってくれるし、怒れない自分の代わりに怒ってくれるようなところもあって、あの人の文章の力は本当に強い。



初めて本にサインを頂いた時に漢字表記の自分の名前を伝えたら、「素敵なお名前ですね」って言って頂いて、そんなこと言われるの生まれて初めてだったから、すごく照れくさくてどう反応していいかわからなかったなぁ。



あの日ニュースで雨宮まみさんのことを知ってから、ずっと心の奥がずしりと重たくて、ときどき思い返しては、悲しくてやり切れない気持ちになる。私はただのファンです。もっとちゃんとありがとうございましたって伝えたかったなって、エゴの塊みたいな後悔がある。
ただもう、雨宮さんの名前で新しい文章や言葉が生まれないこと、彼女がいないことが悲しいです。



何だかわからないけれど、どうしようもない気分になって、帰り道コンビニで1番安くて1番小さなボトルのワインと甘いおもちとしょっぱいスナック菓子をつまむために買って、テレビを見ながら飲んだ。酔えなかった。



雨宮さんに出会えたおかげで、自分のことをちゃんと好きになれたし、大切にできるようになれたし、自分のこと肯定できるようになれたし、色んなことに対して怒れるようになったので、本当に感謝している。
それに、周りからの固定された評価を気にせず自分の好きなものを自分なりに選択出来る自由、身につける勇気を手に入れられたような気がする。
また何かあったら雨宮さんの本を読み返すと思うし、それまでは、これからも大事に本棚の1番お気に入りがある場所に置くと思う。




世の中には自分だけの力ではどうしようもないことや、流れに逆らえないことなんて本当にたくさんあって、それにぶつかっては泣きながら悔しいって言ってるような気がするし、色んな人に迷惑かけてしまっていると思う。それでも、なるべく私なりに真っ直ぐ生きていかなくちゃって、誓いじゃないけど思った。



おなじ話 / ハンバートハンバート - YouTube

大森靖子@Zepp Tokyo


昨日見た景色は、ブラックホールみたいな底なし沼で夢みたいな時間だった。
あちら側の底なし沼にはまりそうになった時に手を掴んでこちら側に戻してくれる音楽の持つ、圧倒的な引力を目の当たりにして、心がぎゅっとした。
大森靖子ちゃんはずっと無敵でずっとかっこよくてそれでいて包容力があって美しい。私の中のヒーローであり憧れだ。

音楽は魔法じゃなくても、それでも音楽はやはり何か力があるような気がする。悲しい時に一緒に泣いてくれるような。嬉しい時にどきどきそわそわを膨張させてくれるような。私にとって大森靖子ちゃんは、小さい頃に筆入れに大切にしまって、もったいなくてたまにしか使わなかった、ラメ入りのファンシーな文房具のような存在だ。

twitterで昨日つぶやいたことの引用。



お昼に食べた、串揚げの食べ放題が楽しかった。自分で小麦粉をくるんでパン粉につけて揚げるバイキング。
しいたけと玉ねぎが甘くて美味しくてMVPだった
ライブ終わって大阪王将で餃子祭りした。変わり種餃子たくさんあって楽しい。しそ餃子が美味しかった。


最低な夢を見たけれど、夢の中で夢と決別できたような気がする。少年ジャンプの主人公みたいだったなぁ。 さめないゆめをみとめてほしい。でもそれは正しくなきゃ駄目だ。

大森靖子「生kill the time 4 you、、❤」MusicCrip - YouTube

♡見逃した奇跡は幻♡

広告を非表示にする