いろはにぽてとちりぬるを

お星様ください

沢山のこととか

 

何が特別だったのか、自分が何に高揚する生き物だったのか忘れてしまった気がする。

 

あまり多くを与えられない状況のほうが、1つ1つを大切に、忘れないでいることが出来たのかもしれない。目の前にただ出現した物事に感情を染めて一喜一憂して私は馬鹿みたいだね。うーちゃんと気を引き締めてちゃんと生きよう。

 

感情を押し付けてごめんなさい。優しくしてくれなくていいです。本当は優しくしてほしいけど。

 

昨日、Have a nice day!がかっこよくて、あ、多分もっと好きになるなって思った。それに、ライブハウスはやはり良いなて思ったの。自分の内側が沸き立つ感じ。どこまでも追いかけていたくなるような。それに、大森靖子と今を生きられる時代に生まれて良かった。

広告を非表示にする

すっぴんで好きとか言いそうでやばい

 

f:id:iroha-ni-potato:20170627181937j:image

 

昼間からお酒飲んでうとうとしながら、半目で文庫本を貪り読んだ休日。この2つの組み合わせ最高のドーピングだと思う。うん、夏が来る。お弁当にお弁当より大きい保冷剤つける夏が来る。

 

最近たくさん小説とか漫画とか良作なものに出会えてて、休みの日と移動時間に読む時間が足りないくらいなので、私の嗅覚とかジャケ買いの能力が向上してる感ある。

 

自分が1番傷付かずに1番幸せになって納得できる手段とか方法を模索してる。インターネットを巡ってもどこにも書いてないんだよな。

 

好きと苦手をちゃんと発言しても、嫌われないの不思議だな。むしろ人間関係てこんな気楽でいいのか。せめてもの感謝の気持ちを込めて、ちゃんと自分を好きになりたい。

 

 

ロマンチックなディストピアで


私はものすごく要領が悪くて、二面性を持てない人間だから、仕事以外で、嫌いな人やものを好きなふり出来ないし、反対に好きな人やものをなんとも思ってないふりが出来ない。

おしまいのはじまり

 

欲しい言葉全部あげるから代わりにあなたの心をください。

 

みんなバーで女の子口説く時に使っていいよ!

広告を非表示にする

永遠なんてどこにもないけど

 

楽しそうに買い物してる人の姿を見ることと、お金を支払ったあと嬉しそうに商品を持って帰る人の姿を見ることが好きなので、そういうのに立ち会えた瞬間は、自分の仕事がすごく好きだなぁって思う。

誰かを妄信させて騙して得たお金ではないし、低浮上でも生きてていいのかなぁって思える。

 

 

嫌われないように取り繕うのってしんどかったんだなぁって思う。あとは、好きじゃないものを平気なふりするとか。いま自分が心の奥で抱えてた好きなものをちゃんと認めて好きっていって身に付けたいもの身につけてるのすごい生きてるって感じがする。

 

つい5日ほど前に観た大森靖子ちゃんの弾き語りライブが最高だった。言葉にするのもったいなくてごめん。出会ってからずーっと好きな音楽。