いろはにぽてとちりぬるを

お星様ください

あいどんわなだい

 

雑に扱われてることを気付かないふりして、楽しかったことのように思い込んでも、良いことなんてどこにもないので、好きなものを今好きじゃなくなったら、無理せず現場行かないし、他界はしないけど、そっとインターネット越しに見守る程度、時々いいねを押す程度の愛情になる。はーでも今可愛いから今は好き。

 

素揚げした皮付きのじゃがいもにイカの塩辛をかけてバターを乗せてみましょう。天国です。これ私この先の人生であと何回言うんだろうって位ハマっている。塩辛じゃがバター。

白米もいけるかなーて思ったけど、私的にはあんまりかも。ご飯の水加減で左右されそう。

 

夏休みに仙台に行った時買った白ビールが冷蔵庫に沢山あるけど、お酒飲んだら、誰かにだる絡みの電話かけるか、すぐ寝ちゃうかしかしなくなるから、仕事に余裕出来るまで手をつけられなさそう。休日1日1日が過ぎて行くのが惜しい。仙台楽しかったな。繁華街で食べた生牡蠣美味しかったな。

 

しばらくスタバ行かなかったけど、最近は本読む環境変えるために行くようになった。

抹茶クリームフラペチーノに抹茶多めホイップ多めにチョコチップ追加っていう魔法の言葉を唱えて生きたいな。

 

 

ニューバランスのスニーカーがある世界に生まれて良かった。足に合うから歩くことがすごく楽になったよー。もうヒール履きたくない。

 

The Qemists - No More (Music Video)

https://youtu.be/OJxr1wb65Qw

 

 

広告を非表示にする

ねむれぬ

 

しごといきたくなくてねれない。 

 

人件費の計算をしていて、残業代の多さにびびり、もう1人雇った方が、明らかに全てにおいて上手くいくんじゃないかとか思うけど、私そんなに偉くないから言わないし言えない。

  

らしくないよって言われるのに違和感。らしさをまだ、前面に押し出してないのに。

魚の食べ方下手くそなのにおしとやかなふりしてごめんなさい。髪型服装と脳みそが一致しないって言われたクソサブカル女です。一致しなくなったせいで私の趣味嗜好が今まで付き合ってきた男の影響とか言われたの笑う。これ性別逆だったら絶対言われないだろうからはい!ジェンダー!って思った。

私は私だし、コジコジコジコジだよ?

 

 

広告を非表示にする

健やかでいて

 

 

もう、不特定多数の人間の神様にならなくていいから、1番好きなことをして生きていて欲しいなぁとか。ただそれだけのことを思っています。

 

 

私は私で私の生活をきちんと正して、ちゃんと猫背にならずに注意深く生きて、また会えた時に、ちゃんと真っ直ぐな心で向き合えるようになりたいな。

 

 

f:id:iroha-ni-potato:20170914002529j:image

 

浅草で食べたコーヒーゼリーが美味しかったです。最近パフェより杏仁豆腐とかゼリーを選ぶようになった。それに仕事中(ほんと今の時期この立場激務過ぎて家に寝に帰るだけ。すっごくやりがいあって楽しいけど人として終わってる気がする。)の眠気をカフェインで誤魔化す方法を覚えてしまった。いっそもう子供返りして駄々こね続けたい、のに。

 

大森靖子 at 夏の魔物2017年9月10日

https://www.youtube.com/watch?v=nVwk1S4c5vE&feature=share


iPhoneから送信

 

 

 

広告を非表示にする

想うということ

 

好きって言うのもカロリー使うから、今日好きだったとしても明日好きでいる保証にはならないんだよな。とか。

みんながみんな心を通り過ぎて行く感情を全部誰かに吐き出してるわけじゃないし、知らないふりだってたくさんできるんだよな。

 

受験生の時、予備校帰りにファーストキッチンで黒蜜抹茶ラテを買って駅のホームでちびちび飲んでたこととかぶわっと思い出して、なんだかとても切なくなっている。今日は新しい眼鏡作りに行くぞ。

広告を非表示にする

沢山のこととか

 

何が特別だったのか、自分が何に高揚する生き物だったのか忘れてしまった気がする。

 

あまり多くを与えられない状況のほうが、1つ1つを大切に、忘れないでいることが出来たのかもしれない。目の前にただ出現した物事に感情を染めて一喜一憂して私は馬鹿みたいだね。うーちゃんと気を引き締めてちゃんと生きよう。

 

感情を押し付けてごめんなさい。優しくしてくれなくていいです。本当は優しくしてほしいけど。

 

昨日、Have a nice day!がかっこよくて、あ、多分もっと好きになるなって思った。それに、ライブハウスはやはり良いなて思ったの。自分の内側が沸き立つ感じ。どこまでも追いかけていたくなるような。それに、大森靖子と今を生きられる時代に生まれて良かった。

広告を非表示にする